SPECIAL PICK UP
スペシャルピックアップ
THRASH ON LIFE RECORDS

ハードコアファン必聴の最強スプリット!

東京と福岡のハードコアバンド、STEP LIGHTLYとTHRHによるスプリットアルバムが登場!長きに渡り、福岡のパンクシーンを牽引し、スラッシュハードコアにダブの要素も取り入れた独自の音楽性を持つSTEP LIGHTLY。日本語ハードコアが特徴で、独特なスタイルで各地のライブハウスを沸かすTHRH。常にそれぞれがポリシー持ち、独自の道を開拓して来た両バンドだが、今作ではお互いの楽曲が並ぶことにより、それぞれのバンドのカラーがより鮮明となり、見事にケミストリーを起こしている。また、STEP LIGHTLYはTHE DAMNED の"STAB YOUR BACK"、THRHはTOKEN ENTRYの" WINDOWS"をそれぞれカバーし収録。これまた聞き応えアリで、どちらもそれぞれの音楽性がしっかりと反映されたカバーとなっている。本当に全ハードコアファン必聴の超強力作品だ!

PROFILE

STEP LIGHTLY:
2000年結成。福岡を拠点に活動。SHOWY LIGHTLY(Vo.)、TSUMO LIGHTLY(Gt.)、HASSY LIGHTLY(Ba.)、PARA LIGHTLY(Dr.)で構成される4人組。2005年位より自主イベントGENTLE THRASHERZを主催。国内外の様々なバンドを招聘。2011年、フルアルバム『RISE AGAIN』をリリース。2014年、アナログ7インチ『NEGATIVE KILLERS』を発売。2018年8月、THRHとのスプリットアルバム『LOUDER THAN EXPLOSION』をリリース。

THRH:
タジリテツヤ(Vo.)、モリミソウイチロウ(Vo.)、コウノヒロユキ(Gt.)、タジリケンタ(Gt.)、アリマヒロシ(Gt.)、ナカヤスケイシロウ(Ba.)、フカザワリョウヘイ(Dr.)で構成される7人組。2018年8月、STEP LIGHTLYとのスプリットアルバム『LOUDER THAN EXPLOSION』をリリース。
http://www.razorsedgejapan.com/tol

LIVE SCHEDULE

THRASH ON LIFE TOUR 2018
~DEEPSLAUTERシングルCDレコ発&STEP LIGHTLY/THRHスプリットCDレコ発~
08.18 Sat 東京 新代田 Fever
RAZORS EDGE / kamomekamome / DEEPSLAUTER / STEP LIGHTLY / FRIDAYZ / THRH
08.25 Sat 山形 酒田 hope
RAZORS EDGE / DEEPSLAUTER / FRIDAYZ / クリトリック・リス / etc...
09.01 Sat 札幌 KLUB COUNTER ACTION
RAZORS EDGE / DEEPSLAUTER / STEP LIGHTLY / THRH /etc...
09.15 Sat 博多 KIETH FLACK
RAZORS EDGE / STEP LIGHTLY / THRH / etc...
09.22 Sat 名古屋 HUCK-FINN
RAZORS EDGE / DEEPSLAUTER / FRIDAYZ / manchester school≡ / etc...
09.23 Sun 大阪 心斎橋 Pangea
RAZORS EDGE / DEEPSLAUTER / STEP LIGHTLY / FRIDAYZ / manchester school≡ / THRH

RELEASE INFORMATION

THRASH ON LIFE RECORDS

LOUDER THAN EXPLOSION

STEP LIGHTLY、THRH
ステップライトリー、ティーエイチアールエイチ / ラウダーザンエクスプロージョン
THRASH ON LIFE RECORDS
8月8日発売
1,500円(incl.tax)
TOL-035

1.NOT SLAVE FOR YOU / STEP LIGHTLY
2.DENTITY / STEP LIGHTLY
3.NO MORE BAD FUTURE / STEP LIGHTLY
4.STAB YOUR BACK(THE DAMNED COVER) / STEP LIGHTLY
5.LIFE / THRH
6.FUCKER FREE CITY / THRH
7.wasted night, lost control / THRH
8.WINDOWS(TOKEN ENTRY cover) / THRH

INTERVIEW

STEP LIGHTLY、THRHとレーベルオーナーのケンジレイザーズにメールインタビューを敢行!
"STEP LIGHTLY"

まずは、2バンドの出会いについて教えてください。


THRHのVOのSOICHIROとは、彼が解散した横浜のA.O.WでVOを務めてた時からの付き合いです。THRH自体を知ったのはかなり前で、小倉の後輩の子から”最近スゲーバンドいるんですよ!”って初期のデモをその子から貰ったのがキッカケです。んでA.O.Wが解散ってなって、SOICHIROに”これからどうすんの?”って聴いたら”THRHというバンドにVOで加入します!”って言うから、あ!そのバンド知ってるぜ!と。それからは大阪や福岡でワーワーやる仲になりました。

スプリットアルバム制作への経緯も教えてください。


毎年大阪で開催されてるRAZORS EDGE主催の”STORMY DUDES FIESTA!”でレーベルオーナーのKENJI RAZORSに”THRHがウチのレーベルに所属になったんだけどSTEP LIGHTLYと先ずはスプリットを出したいんだよねー”と言われて。自分らもアルバム作る気マンマンで曲作ってたから良いキッカケになるかなと。THRHのメンバーの熱意も凄かったし、そのまま打ち上げで話しててやるかー!ってなりました。

個性がぶつかり合い、ライブ感のある刺激的な作品に仕上がっていますが、互いの楽曲を聴いて感じる事や思う事を教えてください。


THRHはショートチューンでカオティックなナンバーで畳み掛けて来るんだけど、日頃SOICHIROやテツヤと音楽の話をしていると様々なHIPHOPを初めとしたパンク、ハードコア以外のレベルミュージックやストリートサウンドを聞き込んでいて。彼等の音もショートでカオティックなんだけど、それらのサウンドのエキスがスパイシーにブレンドされた絶妙さが気持ち良いなと。歌詞も含めてメンバーのポジティブな生き方も好きっすね。

それぞれのカバー曲も収録されていますが、これらの楽曲を選んだ理由と、実際にカバーをしてみての感想をお願いします。


STEP LIGHTLYに関してはカバーをアレンジするのが昔から好きなんですよ。曲作りに行き詰まったら必ずカバーのアレンジに取り掛かるんですよ。そこで新しい発見があり、オリジナルに活かせたりするので。DAMNEDは昔から好きで、いつもDJする時に起爆剤として”STAB YOUR BACK”をプレイしてて、いつ聴いてもハードコアでラウドでガレージィでカッコよくて。ウチはよりメタリックでスラッシーに今回はアレンジしてみました。ちなみにRECの時にデイブヴァニアンの真似をして歌ってみたらメンバーに却下されましたが(笑)

リリース後には、レコ発イベントも予定されています。どのようなイベントにしたいですか?


THRH、STEP LIGHTLYも所属する”THRASH ON LIFE”のレーベルツアーをレコ発としてあちこちでやらせて貰います。やらせて貰った事のない所へも行くので楽しみだし、所属のバンドが色々集まるのでサーカスみたいに楽しんでもらえたらと!個性の強いバンドばかりなんであらゆる意味で”濃い”ツアーになりそうです!よろしくお願いします!


"THRH"

まずは、2バンドの出会いについて教えてください。


個人的には10年位前です。当時やっていたA.O.Wというバンドの九州ツアーで衝撃的な出会いをしました。初めて会った日からずっとSTEP LIGHTLYは僕にとって世界で一番かっこいいバンドでありSHOWYはマイヒーローなボーカリストです。(モリミソウイチロウ)
何度か顔は合わせていましたが、KIETHFLACKの'DIFFERENT CULTURE'ってイベントでTheForeverYoung(当時KARIBUxNOXKAIZOKU)のクニがDJやっててそこに突然遊びに行った時が邂逅の瞬間だったと思います。(タジリテツヤ)

スプリットアルバム制作への経緯も教えてください。


漠然とTHRASH ON LIFEからリリースの誘いはもらっていたのですが、色々なタイミングがあり結果STEP LIGHTLYとのスプリットリリースの話が持ち上がり、光栄すぎて二つ返事でOK出しました。(モリミソウイチロウ)
ありがたいお話でございます。いや、本当に(笑)(タジリテツヤ)

個性がぶつかり合い、ライブ感のある刺激的な作品に仕上がっていますが、互いの楽曲を聴いて感じる事や思う事を教えてください。


STEP LIGHTLYの唯一無二の個性が本当に素晴らしい楽曲だと思います。純粋にめっちゃかっこよすぎる。(モリミソウイチロウ)
今までもそうでしたが今回は楽曲のクオリティさることながら、SHOWYさんの歌がズバ抜けて素晴らしいと思います。単純に嫉妬です(タジリテツヤ)

それぞれのカバー曲も収録されていますが、これらの楽曲を選んだ理由と、実際にカバーをしてみての感想をお願いします。


個人的にはGANG GREENか日本のハードコアバンドのカバーやりたかったのですが 、ベースからTOKEN ENTRYやりたいと言う提案があり、THRHがあまりやらないタイプの曲という理由だったのですがメンバー内の多数決で採用されました。感想や曲への思い入れが気になる人はライブ会場でベースに直接聞いてみて下さい笑。(モリミソウイチロウ)
KCの提案でこの曲になりました。良い意味でTHRHぽく仕上がったと思います。ツインボーカルの強みとは、って感じです。(タジリテツヤ)
シンプルで聴きやすい曲で、イケてる展開と疾走感が好きでカバーしようと思いました。実際に演奏してみた感じは、イメージ通りでしたが、スケートをやってるメンバーがほぼいないので、本家よりスケートコア感はないです。笑
他にもCrumbsuckersとOne Life Crewの曲を提案したのですが、TOKEN ENTRYが1番ハマったと思います。(KC)

リリース後には、レコ発イベントも予定されています。どのようなイベントにしたいですか?


THRASH ON LIFE はクセだらけのバンド集団で毎回ライブは刺激的かつ予測不可能だと思います。一緒にツアーを楽しみましょう!
(モリミソウイチロウ)
全6カ所(内参加は4箇所)それぞれの化学反応が起これば、と思います。遊びたいすね、なとぅの終わりに(笑)(タジリテツヤ)

前作から約4年半!渾身の一枚が完成!

結成19年を迎えるハードコアシーンの重鎮、DEEPSLAUTERがシングルをリリース!前作『ELEVATION DEPTH』より、実に4年半ぶりとなる新作は、今まで以上にキャッチーさを手に入れた傑作!もちろん今までのような攻撃的なサウンドも持ち合わせ、鋭く、時にポップさも垣間見れる柔軟な作品だ。長年の経験や勘を頼りにした、彼らにしか表現し得ない唯一無二のハードコアを是非堪能して欲しい!

PROFILE

DEEPSLAUTER:
2000年千葉県柏市にて結成。これまでに3枚のフルアルバム。3枚のスプリットアルバムをリリース。他、多くのオムニバスにも参加。2018年8月、前作より4年半ぶりとなるシングル『crime e.p.』をリリース。
http://deepslauter.com

LIVE SCHEDULE

8.18 Sat 東京・新代田FEVER
8.19 Sun 東京・小岩BushBash
8.25 Sat 山形・酒田HOPE
9.01 Sat 北海道・札幌KLUB COUNTER ACTION
9.22 Sat 愛知・名古屋HUCK FINN
9.23 Sun 大阪・大阪PANGEA

RELEASE INFORMATION

THRASH ON LIFE RECORDS

crime e.p.

DEEPSLAUTER
ディープスラウター / クライムイーピー
THRASH ON LIFE RECORDS
8月8日発売
1,620円(incl.tax)
TOL-034

01. You say I guess
02. GAIT
03. BURN TO HAI
04. Kiiloi inuo asikala coo
05. NOTHING BUT

INTERVIEW

"DEEPSLAUTER"

PUNKLOID初登場なので、自己紹介をおねがいします。


​​DEEPSLAUTER : 2000年に千葉県柏市にて結成しました。​今年で19年活動している平均年齢36歳のバンドです。現在まで、3枚のフルレングスアルバムを。スプリットは3枚。kamomekamomeとFUCK YOU HEROESとのスプリットをSTEP UP RECORDSから。TIALAとSHIFTとのスプリットをLESS THAN TVから。元GUYANA PUNCH LINEのメンバーがやっていたTHANKGODとのスプリットを自主で出し、アメリカ東海岸ツアーを経験しました。2015年にはDeathwish Inc.からリリースされているフランスのBirds in rowと国内ツアーを行いつつ、小岩BushBashを中心に活動してました。2枚目のアルバム「SUPER RIZUMU」からはKENJI RAZORS主宰の "THRASH ON LIFE RECORDS"でお世話になってまして、今作「crimp e.p.」は前作から4年ぶりに発表できたので、我々にしては鬼のスピード感で新作を発表できて嬉しいです。

メンバーが影響を受けた音楽やバンドを教えてください。


​DEEPSLAUTER : 好きな音楽は幅広く、殺伐とした冷たい物から、極限まで突き詰めた物まで好きです。バンドですと、Naked City / CONVERGE / REFUSED / At The Drive-In / GUYANA PUNCH LINE / ASSFACTOR4 / ​SWING KIDS / SOME GIRLS / The Locust / PALATKA / An Albatross / The Blood Brothers / The Dillinger Escape Plan / mohinder / Lightning Bolt / HELLA / FUGAZI / Drive Like Jehu / The Roots / CAPITALIST CASUALTIES / SPAZZ / Four Hundred Years / Sleepytime Trio / Born Against / などですかね。​最近は減りましたが、メンバーで野外レイブとかに行くのが好きでして、そこで生まれるグルーブに影響を受けてます。

約4年振りのリリースとなるニューシングル『crimp e.p.』の由来を教えてください。


​DEEPSLAUTER : ​現在、メンバーが東京・千葉・新潟と離れて生活しています。また、各々の仕事も非常にタイトでメンバーが揃うことは​以前に比べ極端に減りました。ですが、そんな中でもDEEPSLAUTERとしての表現することの可能性は無限にあって、それが1曲目"You say I guess"の歌い出しにある「振り切っちまえば邪魔されることもない」だなと。それこそが今作のポイントだなと。なのでこのタイトルにしました。

最新作ではキャッチーさが増し、新たな一面も感じられます。聞き所やセールスポイントをお願いします。


​​DEEPSLAUTER : 原点回帰を意識しました。

製作の際に意識した事やレコーディングの際の工夫等があれば教えてください。


​​DEEPSLAUTER : 毎回そうですが、歌以外は一発録音​。4時間くらいで録り終えるスピードレコーディングでした。​ミックスとマスタリングは、今回からお願いしたDEVU Recordingsにお任せしましたが、これが正解でした。彼は我々が出したい音を素早く理解してくれましたし、何よりも自分たちの想像を遥かに超えるサウンドを作り上げてくれました。​​割と新しいDEEPSLAUTERになったと思うのですが、どうでしたか?​

リリース後にはツアーも予定されていますが、ツアーへの意気込みをお願いします。


​​DEEPSLAUTER : 頑張ります。レーベルオーナーKENJI RAZORSによる「THRASH ON LIFE TOUR」は2007年くらいからの構想だったはずです。​やっと実現できたことを自分たちも心から楽しみたいので、遊びにきてください。8/19は東京小岩BushBashでATATAと2マンもやるので、そちらも是非!

INTERVIEW

"ケンジレイザーズ"

STEP LIGHTLYとTHRHとの出会いについて教えてください。


STEP LIGHTLYとは付き合いが古くて、僕らが2005年にリリースしたMAGICAL JET LIGHTのツアーで福岡公演で一緒になったのが最初だったと思います。ライトリーのリーダーのSHOWYがレイザーズの初シングルだったTHRASH MARCH e.p.をレコ屋で働いてる時に聞いて衝撃を受けて、ライトリーを始めるきっかけになった!って言われたのをすごい覚えてます。記憶の中ではそうなんですが、実際は違うかもしれませんが(笑)
THRHはYOUTUBEでしたね!狭いスタジオみたいなところでテンション激高で暴れまくってて、しかもメンバーも多いのがなんか珍しいなぁって。そしたらすでに交流のあったAOWのソーちゃんが入ったから、連絡取れるじゃん!って(笑)それでSTORMY DUDES FESTAに誘ったのが出会いですね。

2つのバンドは、レーベルオーナーから見てどのようなバンドですか?


どちらも己を持ってて曲げなくて芯の強いバンド。それでいて、ピースフルでハイセンス。

実際に、スプリットアルバムを聴いた感想をお聞かせください。


両者ともお互いを意識してるんだけど喧嘩してるんじゃなくて、リスペクトしあってる感じが凄く出てるなぁって。それでいてお互い新しいとこにも挑戦してて前のめりな作品になってると思います。これからライブハウスで活躍する曲が満載だなって!!

スプリットアルバムのリリースパーティーには、自らのバンド、RAZORS EDGEも参加しますが、意気込みをよろしくお願いします。


先輩も後輩もないので、いつも通り好きにやりますよ(笑)多分参加するバンド皆んなそんな奴らばっかりだし(笑)まあ、うちらのサーキットフェスのSTORMY DUDES FESTAに出てるバンドばっかりだから、あのノリを今回みんなで出せたらいいなとは思ってます!
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP