SPECIAL PICK UP
スペシャルピックアップ
SABANNAMAN

現在話題沸騰中!噂のミクスチャーバンドの新作が遂に完成!

2015年、若手バンドの登竜門であるFUJI ROCK FESTIVALのROOKIE A GO GOにて圧巻のパフォーマンスを展開!そのステージが大きな話題となり、会場投票1位を獲得!見事、FUJI ROCK FESTIVAL 2016のメインステージでのライブ権利を勝ち取り、今年もその熱演が話題に!そんな、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのSABANNAMANが1stミニアルバムをリリース!昨年リリースのアルバムも、まだまだセールスを伸ばす中リリースされる今作は、前作同様に、ハードコア、ヒップホップ、ファンク、メロディックなどなど、多くのジャンルを越境!ミクスチャーの名に相応しいロックが炸裂している!そして、高揚感を生む、疾走感やリズムが堪らない佳曲の数々にノックアウト!また、アルバムラストを飾る”Cry for the moon”はノスタルジックに浸らせる名曲で、胸を締め付けもしてくれる。その1曲1曲のクオリティがとてつもなく、本当に表情豊かで、期待以上の傑作だ。

PROFILE

2012年結成。。吉田涼(Vo.)、上田雄(Gt.)、糸数航平(Ba.)、與那城直記(Dr.)で構成される4人組。2015年6月、1stフルアルバム『MAGIC MUTANT』にてデビュー。その後、FUJI ROCK FESTIVAL2015のROOKIE A GO GOへ出演を果たし、会場投票で1位を獲得し、FUJI ROCK FESTIVAL2016のメインステージでのパフォーマンス権利を獲得。BAYSIDE CRASH 2015 、京都大作戦等の大型イベントへも多数出演。2016年4月、1stシングル『Jesus My Teacher』をリリース。同年9月1stミニアルバム『Psychedelic Sox Funk』を発売。
http://sabannaman.com

LIVE SCHEDULE

SABANNAMAN presents
Psychedelic Sox Funk TOUR

09.29 Thu 横浜 B.B.street
09.30 Fri 甲府 KAZOO HALL
10.02 Sun 岐阜 ants
10.07 Fri 旭川 CASINO DRIVE
10.09 Sun 札幌 KLUB COUNTER ACTION
10.18 Tue 千葉 LOOK
10.19 Wed 宇都宮 HEAVEN'S ROCK VJ-2
10.23 Sun 神戸 太陽と虎
10.26 Wed 金沢 vanvanV4
10.27 Thu 新潟 GOLDEN PIGS BLACK
10.29 Sat 八戸 ROXX
10.30 Sun 仙台 Flying Son
11.02 Wed 北浦和 KYARA
11.11 Fri 横浜 F.A.D
11.19 Sat 鈴鹿 ANSWER
11.20 Sun 京都 GATTACA
11.22 Tue 小倉 Cheerz
11.23 Wed 熊本 Django
11.26 Sat 宮崎 SR BOX
11.27 Sun 鹿児島 SR HALL
11.29 Tue 岡山 PEPPERLAND
12.08 Thu 心斎橋 BRONZE
12.10 Sat 名古屋栄 R.A.D
12.11 Sun 渋谷 乙

RELEASE INFORMATION

SABANNAMAN

Psychedelic Sox Funk

SABANNAMAN
サバンナマン / サイケデリック・ソックス・ファンク
IKKI NOT DEAD
9月14日発売
1,728円(incl.tax)
IKKI-1015


1. Mutant Walk
2. Light In Dark
3. Locos ARIZONA
4. Jesus My Teacher
5. WARNING
6. What's up Donna
7. Cry for the moon

INTERVIEW

『Psychedelic Sox Funk』というタイトルの由来をお願いします。


吉田 レッチリのDVDのタイトルをもじった感じです。このDVDのレッチリはマジかっこいいよ。

サビの高揚感がたまらないミクスチャーロックを最新作でも見事に展開されていますが、制作の際に意識したことや今作のポイントを教えてください。


吉田
わかりやすくカッコイイ音楽っていうのと新しい部分を意識して、より音楽的なものにしたいとは考えてました!あとミニアルバムって一曲、一曲の比重が凄く大きいじゃないですか、だから全体の曲バランス的なモノは凄く考えました。1stアルバムからの成長した部分、いままでなかった新しい部分とSABANNAMANらしい部分をどうやって曲で表現するのかは凄く悩みましたが、いい感じに面白くなってると思います!聴いてみてください!
上田
曲は、とにかく印象に残るっていうことを念頭に置いて作りました。パンチラインとか、フックとか、そういうところを一番意識しました。おかげで一発で頭に残るかっこいい曲がたくさんできましたね。
与那城
今回はミニアルバムだったので曲の色とかバランスもとりつつ、全ての曲がリード曲になれるくらい聴きごたえがある感じになればいいなと思っていました。
糸数
前作と比べて日本語を使った楽曲が増えてます。コーラスワークも増え、細かい音も邪魔にはならずしっかりと曲をささえています。ベースのプレイでは、スラップを激しいフレーズだけではなく、洒落た感じのフレーズにも落とし込めたと思います。

また、今作の制作にあたって影響を受けた音楽や出来事があれば教えてください。


吉田
最近は、海外、国内問わずHIP HOPを良く聴いてて結構歌に関してはそっちの影響が強いかもしれないです。歌のリズムとかも凄く遊べた気がします。あと、今回も赤石さんにプロデューサーとしてレコーディング参加してもらったのもあって自分らには無いモノも取り入れられました。
上田
やっぱり前作、前々作同様、2000年代より前の昔の洋楽からの影響が強いです。
与那城
レコーディングの直前にフジに出演した事です!完全にいいグルーヴをもらえた気持ちになりましたね。
糸数
曲調のことを考えて、あまり印象に残るようなプレイを考えきれなかったんですけど、プロデューサーの赤石さんからもっと自分らしく主張していい!っていう一言で思う存分、自分の出したい音を出せたと思います。

FUJI ROCK FESTIVAL'16のメインステージに出演を果たすなど、飛ぶ鳥を落とす勢いですが、現在のバンドを取り巻く状況をどのようにお考えですか?


吉田
正直夢だったし目標だったので本当に運が良いというか、なんか自分でもなんで出れてるのか余り良く分かってないんですけど凄く恵まれてるなーと思います。フジ以外にも京都大作戦や八食フリーサマーライブにも出演させて頂いたり夢みたいだなって。出たいと思っても出れるもんじゃないし。でもボーナスタイムみたいなもんだと思ってるんで、ライブハウスで一つずつ大切にやってくのは変わらないです。
上田
バンドの状況としてとても良い感じだと感じています。
与那城
遠くに行っても以前より自分達の事を知ってくれてる人が少しずつ増えてきててとてもうれしいしです。状況は劇的には変わってないし、むしろほとんど変わってないかもしれないですが、じわじわ実感はしてきてます!
糸数
一年前は想像もつかなかった状態です。ほんとに色々と恵まれてきたなと思います。

最後にバンドの今後の展望を教えてください。


吉田
9月29日に関内BBstreetからツアーが始まってまた日本全国にライブしにいきます!!ツアーの日程チェックして遊びきてね!
上田
これからもたくさんかっこいい曲を作って、色んなところでライブがしたいですね。
与那城
今回のも前のCDもたくさんの人に聴いてもらえたらうれしいです!
糸数
今年だけでなく、来年からも音楽フェスの常連を目指してがんばります!
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP