SPECIAL PICK UP
スペシャルピックアップ
Mr.JiNGLES

シーンを彩る魔法の音色。
メロディックバンド、Mr.JiNGLESが作り出す、激しくも楽しい魅惑の世界。

名門CATCH ALL RECORDSに属し、若手メロディックバンドの急先鋒として、シーンを賑わす Mr.JiNGLES 。メロディックパンクを基本としつつも、様々なジャンルの音楽が入り乱れる、彼らのオンリーなサウ ンドは既に多くのキッズを虜にしている。そんな彼らが、前作『MARCHES』から約 1 年 4 ヶ月振りとなるニューア ルバム『MAGIC TUNES』をリリース ! ショートアルバムと名付けられた今作は、タイトルが示す通り、魔法掛かっ たように多幸感を得てしまう、遊び心に満ちた楽曲がズラリと並び、これまでの活動で培ってきた、Mr.JiNGLES の 全てが詰まったような集大成的なアルバムと言っても過言ではない。ライブを意識したようなパーティーチューンか ら 、ダ ン サ ン ブ ル な ナ ン バ ー ま で 、非 常 に 賑 や か で 、楽 し い 彼 ら の 世 界 に あ な た も 足 を 踏 み 入 れ て 欲 し い 。

PROFILE

2005年結成。田島麗治(Vo&Ba)、大橋功奈(Gt&Cho)、桑原康行(Dr&Cho)で構成 される三人組。2009年『Drawing Fantasy』でCATCH ALL RECORDSよりデビ ュー。2010年ファーストシングル『CLOUD WORLD'S MAP』をリリース。2011年セ カ ン ド ア ル バ ム『 M A R C H E S 』を 発 売 。2 0 1 2 年 、T N X と ス プ リ ッ ト ツ ア ー を 敢 行 し 、ラ イ ブ会場限定スプリットシングル『HADAKAxNOxO-BAKA』をリリース。2013年1月 ニューアルバム『MAGIC TUNES』をリリース。

Official Web Site
www.mr-jingles.com

RELEASE INFORMATION

Mr.JiNGLES

MAGIC TUNES

Mr.JiNGLES
CATCH ALL RECORDS
発売中
¥1,890 (incl.tax) CKCA-1052

TRACK LIST
1.Overture
2.Princess Miry
3.Desert Vampire
4.Billy the Reaper
5.Friend
6.Midnight Cruise
7.Lily Sprite
8.My Song

INTERVIEW

PUNKLOID: 早速だけど、今回のアルバムのテーマみたいなものはあるの ?


大橋功奈 : ちょっと " パンクっぽく " したかったっていうのはあります。最近になってホン トに洋楽をたくさん聞くようになって、ヘルキャット (Hellcat Records) にハマりまくっ ちゃって。


PUNKLOID: ヘルキャット !? シブいね。このアルバムのタイトルに込められた意味は ?


田島麗治 : あんまり意味は無いですけども、呪文とかそういう意味ですね。ビビデバビデ ブーっていう感じにしたくて。


PUNKLOID: ビビデバビデブー ?


田島麗治 : あの曲ってみんな知ってるじゃないですか。曲の意味を知らなくても、みんなが なんとなく歌える。英語もすごい分かりやすくて。なんかそういう感じにしたくて。


PUNKLOID: 曲は覚えやすいもんね。レコーディングで苦労した事とかは ?


大橋功奈 : とりあえず集中しすぎて、夢に出てくるっていう。レコーディング風景が。
田島麗治 : コーラス録り、一日オールしたしね。
大橋功奈 : しかも録る曲数が増えたし。もう一曲、もう一曲って。
田島麗治 : もともと五曲のつもりが、曲作ってて、「あれ ? いいのできたぞ。っ」ていう感じで。
「いれちゃえ、いれちゃえ」って。


PUNKLOID: それで八曲になっちゃったんだね。今回は、八曲入りでファーストショートア ルバムってなってるんだけど、ショート・アルバムってどういう意図があるの ?


田島麗治 :3rd フルアルバムにしたくなくて。それだけなんですよ。あの曲数だとアルバム になるみたいで、でも 3rd アルバムっていうつもりで作り始めてないので。あくまでもミニ のつもりでやってたんで。


PUNKLOID: 相変わらずのジングルスの世界観もありつつなんだけと、パッと聞いた瞬間ト イドールズだなっと思ってて。最近のバンドでトイドールズを継承しているバンドはいなく て、ジングルスくらいだなと。


田島麗治 : トイドールズって考えるとそうかもしれないですね。


PUNKLOID: 昔からそういうの聞いてたの ?


大橋功奈 : トイドールズは好きですけど、そんなにはハマってないですね。


PUNKLOID: もともと三人は何を聞いてたの ?


田島麗治 : 完全にハイスタキッズですね。高校生の頃まではもうハイスタしか聞いてなかっ
たですね。上京してたくさん CD 屋さんがあるので、色々聞くようになりました。


PUNKLOID: 他の二人は ?


大橋功奈 : 僕もハイスタですね。

桑原康行 : 僕はルナシーですね。それで、ルナシーとか X JAPAN 好きで、ハイスタ聞いたら、 X っぽいと思って。ビートとか。


PUNKLOID: なるほど。ビートが速いのがね。


桑原康行 : はい。それで爽やかで。そこからメロコアが好きになりました。


PUNKLOID: 洋楽は聞いてなかったの ?


田島麗治 : あんまり聞いてなかったですね。 PUNKLOID:そうなんだ。トイドールズとかすごい好きで、こういう音になってるのかと思っ てた。
田島麗治 : トイドールズは後から言われました。「トイドールズっぽい」って言われて、そ れで後から聞いて、ああなるほどねって。


PUNKLOID: トイドールズがすげ~、好きでこういう音になったと思ってた。3 人それぞれ に今回のアルバムの見所っていうのはある ?


大橋功奈 : 全曲ホントに大好きなんですけど、1 曲目の SE が終わって、2 曲目の "Princess Miry" ですね。結構一番簡単にできて、一番最後にできた曲で、レコーディングの 1 週間前 にできた曲です。すぐにできた曲の割には面白いことをやれたなと。DJ のスクラッチ音と か入れたりして。
桑原康行 : 今回は全曲自信ありなんですが、ドラムのフレーズを今回はなるべく抑えてみま した。でも実際に聞いてみたら、難しいなと ( 笑 ) 曲で言うと、"Midnight Cruise" っていう PV にもなってる、ちょっとダンスっぽい曲ですね。あれは今までのジングルスにはなかっ た感じで、意外にハマって良かったですね。
田島麗治 :1 発で覚えられるワードとかを結構散りばめたつもりなんで、3 曲目のバンパイ アの曲とか。あと、タイトルとかもワザと人の名前っぽくしてあるんですよ。だから親近感 持ってもらえたら嬉しいですね。


PUNKLOID: 最後に読者に一言をお願いします。


田島麗治 : すごく良い CD が出来たので、CD を楽しんで貰えたらなと。で、ライブに来て 貰えたらと思います。
大橋功奈 : うちのドラマーのクワはフルチンになって、ノーパンでライブをやっているんで、 だから俺も今回のツアーはノーパンでやろうと思います ( 笑 ) 田島麗治:何の話?それは?(笑)
桑原康行 : 捉え間違えて欲しくないのは、僕はノーパンでハーフパンツでライブをやってい ます ( 笑 ) ズボンが破けたら終わりですね。はい。今回のアルバムは正直言うと、一番の自 信作なので、買って頂ければ完全に間違いないと自負しております。
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP