SPECIAL PICK UP
スペシャルピックアップ
KEMURI

KEMURIベストアルバムは全てのパンク好き必聴の感涙モノ!

KEMURIがベストアルバムをリリース。今回は過去の楽曲がサポートメンバーも含めた、今のライブメンバーで録音し直され、
現在絶好調のKEMURIの勢いをそのままパッケージングした見事な作品となっている。過去のオリジナル音源と聴き比べると、あの頃よりも成熟した、息のピッタリと合った絶妙なグルーヴが感じられ、圧倒的なKEMURIサウンドを体感できる!KEMURIをまだ聴いたことがないという若いリスナーにはバンドの入門編としてピッタリの作品であろうし、これまでのKEMURIファンも最新型の彼らを目の当たりにできる珠玉のアルバムだ!さらに彼らは早くもニューアルバムを完成させ、7月リリースが決定!続報を待て!

PROFILE

伊藤ふみお(Vocal)、津田紀昭(Bass)、平谷庄至(Drums)、コバヤシケン(Sax)、田中”T”幸彦(ギター)で構成される5人組。1995年の結成以来日本のスカパンクシーンを牽引。1stアルバムから3rdアルバムまでとライヴ・アルバム『旅』はいずれも10万枚以上を売上げ、特に2ndアルバム『77 days』は23万枚を超え、ゴールド・ディスクを獲得。2007年12月ZEPP TOKYOでのライブを最後に解散。2012年「AIR JAM2012」への出演のため再結成。同年11月東名阪ツアーを開催。2013年1月、ギタリスト南の脱退と共に初代ギタリスト田中が復帰。2015年6月ベストアルバム『SKA BRAVO』を発売。


http://kemuri.com

LIVE SCHEDULE

【KEMURI 20th Anniversary Japan Tour “SKA BRAVO”】

09.25 Fri @大阪 なんばHATCH
09.26 Sat @名古屋 DIAMOND HALL
0
9.27 Sun @東京 STUDIO COAST
w/REEL BIG FISH、LESS THAN JAKE、SKANKIN’ PICKLE

【KEMURI 20TH Anniversary Tour 2015 “F”】

10.04 Sun @札幌ZEPP SAPPORO
10.10 Sat @神戸VARIT.
10.11 Sun @京都MUSE
10.16 Fri @千葉LOOK
10.17 Sat @熊谷HEAVEN'S ROCK
10.18 Sun @さいたま新都心HEAVEN'S ROCK
10.22 Wed @水戸LIGHT HOUSE
10.23 Fri @宇都宮HEAVEN'S ROCK VJ-2
10.24 Sat @柏PALOOZA
10.31 Sat @松本Sound Hall a.C
11.01 Sun @金沢Eight Hall
11.03 Tue @新潟LOTS
11.07 Sat @横浜Bay Hall
11.08 Sun @浜松窓枠
12.05 Sat @仙台Rensa
12.06 Sun @盛岡CLUB CHANGE WAVE
12.12 Sat @長崎DRUM Be-7
12.13 Sun @福岡DRUM LOGOS
12.19 Sat @広島CLUB QUATTRO
12.20 Sun @高松DIME

RELEASE INFORMATION

KEMURI

CD 「SKA BRAVO」

KEMURI
CD+DVD
4,536円(incl.tax)
CTCD-200023/B

CD
2,700円(incl.tax)
CTCD-20024


01.New Generation(新録)
02.Prayer(新録)
03.I am proud
04.Standing in the rain
05.白いばら(新録)
06.ima-sorewo-hikarini-kaete-susume!
07.Ohichyo(新録)
08.Mr. SMILING
09.Slow Lights(新録)
10.SUNNY SIDE UP!
11.Ve-Ri-Ha
12.Ato-Ichinen(新録)
13.PMA (Positive Mental Attitude)(新録)
14.Along the longest way...(新録)

INTERVIEW

◆PUNKLOID:今回のベスト盤は再録という形で昔の楽曲が収録されていますが、どういった経緯で再録に至ったのですか?



伊藤ふみお:ロードランナー時代からKEMURIを知ってる、レーベルの杉本さんから「今のKEMURIは凄い良いと思う!客観的に見てもトップだ!」って評価を頂いて、今のKEMURIのグルーヴ感と雰囲気で、ライブで盛り上がるような代表曲をもう一回録音し直して、この20周年を機に、KEMURIを知らない人達にぶつけてみませんか?って提案されたんですよ。だけどさ、あんまり良く分かんなくて。録り直しは解散前に一回やってるし。あんまり良い印象ないじゃない?再録ベストって(笑)でも結果はやって大正解!


◆PUNKLOID:選曲はどういう風にしましたか?



伊藤ふみお:ライブでいつもやって盛り上がるような曲と、あと、1st、2ndアルバムが廃盤になってるから、その2枚にフォーカスを当ててます。

◆PUNKLOID:今回レコーディングするに当たって、1stや2ndアルバムのその当時のレコーディングした楽曲を聞き直したりはしましたか?



伊藤ふみお:しました。なんかね、いい意味で乱暴になってるんだよね。ライブでずっとやってる曲って。歌にしても演奏にしても。もう阿吽の呼吸があるからさ。でもそれを録音物として残すと、必ずしも良い形にならなかったりするっていう経験があるから、テンポ感だとか、ひとつひとつの楽器の音色を個人的にしっかり聞いて確認もしたし、ドラムの庄至くんも凄く細かいクリックのトラックを作ったりしてたね。ベースもその当時のミュージックマンっていうブランドのベースを使ってたし。

◆PUNKLOID:当時の録音よりも凝った録音になりましたか?



伊藤ふみお:そうだね。その当時は何にも考えてなかったし。アレンジとかやってることは変わんないんだけどね。

◆PUNKLOID:その1stや2ndをリリースした約20年前頃に描いていた将来像と今のKEMURIや伊藤さん自身の在り方を比べていかがですか?



伊藤ふみお:KEMURIを始める時に絵を描いてね。10年後くらいまでのビジョンは作ったんだけど、それはもう随分早く10年も経たない内に目標を全部達成したんだけど、10年以上経って一度解散するとか、20年後にまた再結成してこうやってやってるなんて、夢にも思わなかったですよ。

◆PUNKLOID:このベスト盤のレコーディングの後に西海岸ツアーも行われたようですが、そちらはどうでしたか?



伊藤ふみお:レコーディングして最後の2週間弱をカリフォルニアに移動して。ツアーは良かったですよ。サンフランシスコが最初のショーで、結果的に一番人が集まったライブになったんだけど、でもだいたいどこの会場も300人以上来てくれて。だけど17年ぶりだし、アルバムも出してないから、「どういう風になるのかな?」って最初は思ってたんだけど、南米のコロンビアからこの事を知って見に来てくれた人もいたりして、熱狂的なKEMURIファンがいるんだよね。ニューヨークから来たって人もいたし、ハワイから来たって人もいたし。本当に鳥肌立つくらい、びっくりしちゃって。ライブも最初から最後まで大合唱の大盛り上がり。


◆PUNKLOID:日本語の曲もですか?


伊藤ふみお:そう。”Ato-Ichinen“とか。だから本当に凄かった。規模は300人とかそういう規模だけどさ。「300か〜」って初めは全然期待せずにツアーしに行ったのに。1stアルバムとか2ndアルバムとかの頃に「海外でも勝負したいんだ!」って闇雲に曲作ってぶん投げたものが、ブーメランみたいに物凄い勢いで返ってきた感じがしたね。夢半ばで、アメリカツアーとかそういうものは一回自分の中に置いちゃってたのに。色んな意味で嬉しかったけど、色んな意味で恐ろしくもあったかな(笑)


◆PUNKLOID:また海外ツアーもやりたいですか?



伊藤ふみお:やりたいですね。嬉しいものですよ。生活習慣とか全然違う遠い国の人が自分たちの音楽に熱狂してくれるのは。


◆PUNKLOD:日本のお客さんとノリは違ってましたか?



伊藤ふみお:あんまり変わらなかったですね。ただ圧倒的に男が多かった。9割5分位が男。「女子に人気ねぇ〜な〜」って(笑)当然なんだけどさ。でも、日本から日本人のファンの女の子が来てくれたんだけど、その子たちは最前列で白人の屈強な男子に混じって暴れまくってたよ(笑)”やまとなでしこ”すげぇなって(笑)


◆PUNKLOID:そして9月には逆に海外からバンドを招いて、REEL BIG FISH、LESS THAN JAKE、SKANKIN’ PICKLEっていうKEMURIにしかできないようなメンツでツアーをやられますね。



伊藤ふみお:これは中々分かる人が少ないかもしれない。もう随分前からボヤッとなんだけど、2015年が20周年だってのは考えてて、どんなことやりたいの?って色々考えてて、やっぱり、その当時に自分たちが影響を受けたバンドとやりたいなと思ったんだよね。ただ、REEL BIG FISHとかメンバーはアーロンしかいないから、難しいかもな?と思ってたら、ちょうどLESS THAN JAKEとREEL BIG FISHがダブルヘッドライナーでUKをツアーするって聞いて、それを見に行ってみようと思って思い切ってロンドンまで行ったんですよ。3000人クラスの会場が2日間ソールドアウト。スカパンク凄い人気あったみたいで、ここに来て両方ライブが凄い良かったのね。だから現役感のあるライブになるんじゃないのかなと思って、それで思い切ってオファーしましたね。


◆PUNKLOID:ライブのセットリストは今回のベスト盤を中心にした選曲にもちろんなりますよね?



伊藤ふみお:そうだね。LESS THAN JAKEとデモ音源で”New Generation”をスプリットで出してたりするし、そういう当時の思い出の曲を結構やりたいね。それでみんなで懐かしがろうかなと。SKANKIN’ PICKLEは今回再結成して貰って、REEL BIG FISH、LESS THAN JAKEは本当にバリバリ現役で、KEMURIは色々あって今に至るけど、こうやってみんなで集まってできるっていうのは、嬉しいですよね。
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP