SPECIAL PICK UP
スペシャルピックアップ
HEY-SMITH

HEY-SMITH更なる高みに到達。ファン待望のニューアルバム完成!

近年、飛ぶ鳥を落とす勢いで大躍進を続けるHEY-SMITH。彼らが待望の3rdアルバム『Now Album』を遂にリリース!今作はバンドの勢いをそのまま詰め込んだかのような、躍動感溢れるストレートな作品に仕上がっている。ライブを意識したかのようなアッパーチューンがズラリと並び、1曲目のインストナンバー"Welcome To Now Album"からラストを飾る"Journey"まで怒濤の勢いで駆け抜けるような非常にスピーディーでスリリングな印象を受けるアルバムだ。彼らがパンクシーンを飛び出し、更なる次元で活躍する事を予感させてならない今作『Now Album』は全てのパンクファン必聴の一枚だ。

PROFILE

2006年大阪府豊中市で結成。猪狩 秀平(Gt.&Vo.)、Mukky(Ba.&Vo.)、満(Sax.)、lori(Tp.)、Task-n(Dr.)で構成される5人組。ライブ活動を中心に活動を行い。FUJI ROCK FESTIVAL、京都大作戦、RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO等の大型イベントにも数多く出演を果たす。2ndフルアルバム『Free Your Mind』はオリコンインディーズチャートで1位を獲得する。これまでに1枚のシングル、1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリース。2013年5月には3rdアルバム『Now Album』をリリース。


http://www.hey-smith.com/

LIVE SCHEDULE

05.22 @京都 MUSE
05.23 @十三 FANDANGO
05.25 @滋賀 U★STONE
05.26 @富山 SOULPOWE
05.29 @柳ケ瀬 ANTS
05.30 @名古屋クアトロ
06.01 @松阪 M’AXA
06.02 @和歌山 SHELTER
06.05 @磐田 FM STAGE
06.06 @厚木 THUNDERSNAKE
06.08 @新潟 GOLDENPIGS BLACK STAGE
06.09 @郡山 #9
06.11 @水戸 LIGHT HOUSE
06.13 @千葉 LOOK
06.15 @山梨 CONVICTION
06.16 @熊谷 HEAVENS ROCK
06.18 @宇都宮 HEAVENS ROCK
06.19 @新宿 ACB
06.22 @高崎 FLEEZ
06.23 @長野 J
06.26 @神戸太陽と虎
06.27 @岡山 IMAGE
06.29 @米子 AZTiC LAUGHS
06.30 @松江 AZTiC CANOVA
07.02 @大分 SPOT
07.05 @奈良 RHEBGATE
07.12 @防府印度洋
07.14 @高知 X-pt.
07.15 @高松 DIME
07.24 @江坂 MUSE
07.30 @横浜 FAD
07.31 @さいたま新都心 HEAVENS ROCK
08.08 @北見 ONION HALL
08.09 @釧路 GREEN
08.11 @札幌 Cube garden
08.17 @宮崎 SR
08.18 @鹿児島 SR
08.20 @小倉 FUSE
08.22 @尾道 BxB
09.01 @佐賀 GEILS
09.11 @八戸 ROXX
09.13 @岩手 Change Wave
09.14 @秋田 SWINDLE
09.16 @山形 SESSION
09.23 @広島クアトロ
09.28 @松山サロンキティ
09.29 @徳島 CROWBER
10.04 @長崎 STUDIO DO!
10.06 @熊本 Django
10.11 @金沢 VANVAN V4
10.12 @福井 CHOP
10.14 @上越 EARTH
10.18 @福岡某所
10.20 @桜坂セントラル
10.25 @名古屋某所
10.27 @渋谷某所
11.01 @仙台某所
11.03 @大阪某所

RELEASE INFORMATION

HEY-SMITH

CD 「Now Album」

HEY-SMITH
CAFFEINE BOMB ORGANICS
5月1日発売
2,415円(incl.tax)
CBR-57

INTERVIEW

アルバム発売を控えたメンバーにメールインタビューを敢行!

Q1, タイトル『Now Album』に込められた想いを教えてください。


もうホンマにそのまま。
HEY-SMITHのNOWが全て集約されてます。
このアルバムを認めてくれない人とは仲良くなれません!笑
それくらい今の自分が詰まってます。


Q2, どのようなアルバムに仕上がりましたか?


最高傑作です。
HEY-SMITHにおいても、2013年においても。


Q3, アルバム制作の際に意識した事は何ですか?


ロック感ですかね。
全く意味は分かりませんが「もっとロックに!」とか「ロックならこうするはず
だ!」とか言いまくってました。笑


Q4, 今作で特にお気に入りの曲があれば、曲名とその理由を教えてください。


うえー!それは難しいですねぇ。。
でも一曲だけというならあえて最後の曲のJourneyですかね。
この曲はアメリカツアー中に出来た曲で、仲間のコトを歌った曲なんです。
こんなに素直に歌詞と曲を書けたコトも珍しいし、アメリカで出来たっぽい大陸っぽ
い曲になってると思います。

Q5, レコーディングの際のエピソードが何かあれば教えてください。


レコーディングはホンマに大変でした。
自分の中でこうゆう音にしたいっていう想像はあるんですが、それがなかなか音にな
らなくて。
今回は~みたいな音とか、そうゆう音の作り方はゼロやったので、自分の想像してる
音と、実際に出てる音を近付けるのが大変でした。



Q6, アルバム制作に於いて最も苦労した事は何でしょうか?


アレンジですね。曲の中で「ここはギターソロだ!」「いやいやホーンセクション
だ!」みたいなぶつかりがけっこうあって、そこを昇華していくコトが一番大変でし
たね。殴りあいもありましたよ。笑

Q7, 約半年に及ぶツアーも予定されていますが、どのようなツアーにしたいですか?


こればっかりは真剣にやるだけです。
真剣にやった結果で、「こんなツアーやってんなぁ」と思い出す感じになると思う。
いつも、色んなコト考えてツアーに臨むけど、想像とかけ離れていくもんです。笑


Q8, 今年もhaziketemazareは企画されるのでしょうか?


秘密のアッコちゃんですよ。
ラミパスラミパスルルルルルー。

Q9, 今後、バンドとしてやってみたい展望などあれば教えてください。


今ね、スーパー面白いこと考えてます。
お楽しみに。

あと全然関係ないゲームみたいなコトやけど、コードと曲の展開は同じで、ソロとか
メロディだけ入ってない曲を作って、そこにソロやメロディを入れて誰が一番カッコ
イイかやりたい。笑

Q10, 最後に読者に一言お願いします。


バンドは素敵です。
普段感じれない奇跡がしょっちゅうおきます。
みんなバンドやろうぜ!!
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP