SPECIAL PICK UP
スペシャルピックアップ
BOMB FACTORY

パンクシーンの生けるレジェンド、BOMB FACTORYがミニアルバム「RAGE AND HOPE」をドロップ!

結成20周年を超え、数多くのバンドからリスペクトを受けるBOMB FACTORY。京都大作戦やOSAKA HAZIKETEMAZARE FES、10-FEET や GOOD4NOTHING 等のツアーサポートもこなし、今も尚、大きな存在 感を示している。彼らが HEY-SMITH 等を輩出する CAFFEINE BOMB へ移籍し、前作から 3 年振りのミニアルバ ムをリリース ! 80's パンク、ハードコアにインスパイアされた彼ららしいサウンドを軸にしつつも、今作ではバラエ ティーに富むパンクサウンドを展開 ! リフを前面に押し出した攻撃的な楽曲や重低音を響かせるヘヴィーな楽曲はも ちろんのこと、メロディアスで胸を熱くするような楽曲までをも収録し、一切の妥協を許さず、細かく念密に計算された 作品となっている。彼らが永きに渡りシーンに君臨する理由を今作から感じ取って欲しい !

PROFILE

JUN-YA(Vo),KAZUYA(Gu/Vocals),JOE(Ba/Vo),SHIRA(Dr/Vo) の4人で構成される。兄弟であるJUN-YA(Vo)とKAZUYA(G&Vo)を中 心に前バンドのメンバーであったJOE(Ba)とSHIRA(Dr)の4人が再会し 91年に結成。都内を中心に活動。これまでにアルバム 7 枚(ミニ・アルバム 等を含む) とシングル 5 枚をリリース。近年では、京都大作戦(源氏の舞台 )やOSAKA HAZIKETEMAZARE FESへの参加。10-FEET、 ROTTENGRAFFTY、GOOD4NOTHING など様々なバンドのツアー サポートも行う。またその活動は国内のみに留まらず海外でも多くのライ ブ活動を経験。ワールドワイドな活動を続けている。2013年12月前作よ り3年振りとなるミニアルバム『RAGE AND HOPE』をリリース。

www.bombfactory.jp

LIVE SCHEDULE

2013年12月04日(水) at. 千葉 LOOK
2013年12月06日(金) at. 心斎橋 HOKAGE
2013年12月14日(土) at. 王子 BASEMENT MONSTAR
2013年12月29日(日) at. 下北沢 CLUB251

RELEASE INFORMATION

BOMB FACTORY

CD 「RAGE AND HOPE」

BOMB FACTORY
CAFFEINE BOMB RECORDS
12月18日発売
¥1,785 (incl.tax) CBR-61

01. INTRODUCTION
02. C'MON
03. BULLSHIT
04. CLOSEDOWN
05. JANE
06. SHINE
07. EVERYTHING'S CHANGED

INTERVIEW

Q >>『RAGE AND HOPE』というタイトルの意味を教えてください。



JUNYA 世界中で様々な人の感情が渦巻いているこの時代に負のスパイラルがぶつかり怒りを生み出す。我を忘れ怒 り に 飲 み 込 ま れ て い る 人 は そ こ か ら 抜 け 出 せ な い 。で も そ こ に も 希 望 は あ る ん だ と . . . ま あ 、説 明 す る 必 要 も な い く ら い そのままだよ。

Q >> アルバム制作の際に最も意識した事を教えてください。



JUNYA バントとして初めてコンセプトをたててみたんだ!静かでダークな感じにしたいって。でも進める中でそれだ けじゃ満足しなくなってくんだよね俺らは!
KAZUYA まずは初のコンセプトアルバムにしようと思った、今作の 1 曲目や 3 曲目のような表現をアルバム全体で 表現できればと... かなり意識したけど、意識することがなんかブレーキみたいに作用して表現しようとしたイメージと 対極するような曲ができたりして...
JOE 今回に限った事ではないが 1 曲 1 曲のキャラクターを際立たせたかった。曲中だけでなくアルバム全体でのメ リハリはいつも意識している
SHIRA RECを重ねる毎に毎回思うことはシンプルにして且つビートの利いた音楽を意思してますね!

Q >> 今作の一番の見所は ?



JUNYA 見所?
KAZUYARAGE AND HOPEを曲順で体感できる
JOE タイトル「RAGE AND HOPE」に込めたもう一つの意味。アルバム前半の RAGE の感情から後半の HOPE の 感情へのストーリー感とか言ってみる
SHIRA 全 7 曲の中で 1 曲目から聴くとこの miniAlbum の世界観がわかるはず!

Q >> 制作の際に一番苦労した事は何ですか ?



JUNYA これだ!と思うまでに何気に時間がかかった事だね。実際、このアルバムを制作するのには曲が揃うまで2年 もかかったんだ。何曲もボツにしてたからね。
KAZUYA 朝帰り
JOE 今回はそれほどもめなかったし ( 笑 ) 皆のベクトルが同じ方向を向いてたから そんなに苦労はしてないかな SHIRA スタジオで毎回 V-drum を SETTING しなきゃいけなかったところ ( 笑 )

Q >>レーベル移籍して3年振りのリリースですが、今作はどのような位置づけですか?



JUNYA 全曲ライブ重視の作品
KAZUYA いろんな箇所で過去最高バンドメンバーの手がかかってる作品だから、インディーズ再スタート作品かな JOE メンバー間の 今やりたい事 感じてる事 思ってる事の確認。3 年ぶりだからとか 移籍したからとかの気負いは無 い ・・・ 残 念 な が ら ( 笑 )
SHIRA 日本を元気に !! そして世界へ発信 !!

Q >>ベテランの域の結成20年を超えですが、若手のバンドに影響は受けますか?



JUNYA はい。
KAZUYA ベテランという意識がメンバー皆ないからだけど、影響というか刺激はいつももらってるね、だからこそ続 いてるんだと思う。
JOE 音楽 バンド ライブに対して真摯なバンドを見ると 気が引き締まると共に反省する
SHIRA 音楽やってる仲間でベテランも素人もl関係ないよ!don`t think FEEL!!

Q >>ツアーも控えていますが、どのようなツアーにしたいですか ?



JUNYA 一瞬一瞬を大事にしたい。
KAZUYA すでにフルアルバムも予定してるから、とにかくいろんな意味で刺激あるツアーにしたい、それをいい形で 次に繋げられればいいね、本当に一本一本のライブを大事にしたい。
JOE 自分達が心から楽しんで それが来てくれたお客さんや 一緒に廻ってくれるバンドの皆に伝染するようなツアー にしたい
Dr/Vo) S H I R A 楽 し い t o u r 、ス ピ ー ド 違 反 で 捕 ま ら な い t o u r に し た い 。 。切 実 に 。

Q >> 読者へひと言。



JUNYA やっぱライブだよ
KAZUYA 読者って事はコレ観てる人へってことでしょ、PUNKLOID 手に取ってる君はいいね! JOE youtubeで満足してないでライブハウスへ遊びにおいで
SHIRA 今回も最高の作品に仕上がってます。是非感じてください!don`t think FEEL!!
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP