PICK UP ARTIST
ピックアップアーティスト
SKALL HEADZ

SKALL HEADZ、祝結成10周年!

幾度とないメンバーチェンジを乗り越え、結成10周年を迎えるSKALL HEADZがニューシングルをリリース。今作はこれからの季節にぴったりなサマーチューンを収録!サンバ調のリズムが映える”Sunny day”。攻撃的なリズムと壮大なブラスアレンジが特徴の”Push your back”。スカパンクの王道を行く”Nobody knows”。それぞれに表情は全く違えど、どの曲も抜群の開放感を誇るスカパンクで、気分は上々!また前作でバンド史上初の試みだった日本語詞が今作でも登場し、SKALL HEADZの新たな方向性を提示。結成10年を迎えても、まだまだ進化するSKALL HEADZから目が離せない!

PROFILE

2006月結成。AYATOMO(Gt.&Vo.)、MIKI(Gt.&Vo.)、Pi-ro(Ba.&Cho.)、YOKO(T.Sax.)、PEN(Tp.)Dr/Cho Ya-Knock(Dr.&Cho.)で構成される6人組。2009年8月1st Album『Hit the top heavy city』をリリース。現在までにFEEL FLIP、HEY SMITH、RETEMPION 97、DALLAX、オレスカバンド、GELGUGU、STEP BY STEP、THE CHRRY COKES、CHANGE UP、GOLLBETTY、FAT WRECK CORDSのMADD CADDIES等と対バンを果たす。2010年にカバーアルバム「""S""Cover of SKA」を発売。2013年1月『START IN LIFE』を発表。2014年5月3rdフルアルバム『COME ALONG NOW』をリリース。2015年9月、ミニアルバム『AFFECTION』を発売。2016年6月シングル『Sunny day』をリリース。

http://skallheadz.com

LIVE SCHEDULE

『Sunny day』 Release tour 2016

07.15 Fri 岡山CRAZY MAMA 2nd Room
07.16 Sat 広島BoRDER
07.18 Mon 福岡Queblick
07.23 Sat 神戸太陽と虎
07.30 Sun 水戸LGHTHOUSE
08.11 Thu 金沢van van V4
09.04 Sun 名古屋RAD 7
09.09 Fri 大阪新神楽
09.30 Fri 下北沢SHELTER

10周年企画“10周年 A GO! GO!”
6.06 Mon 北浦和KYARA
w/Septaluck,JAWEYE
7.07 Thu 関内B.BSTREET
w/SPACE BOYS,and 1band

OTHERS
06.03 Fri 盛岡CLUB CHANGE
06.10 Fri 名古屋ell.SIZE
06.11 Sat 心斎橋DROP
06.16 Thu 仙台MACANA

RELEASE INFORMATION

SKALL HEADZ

Sunny day

SKALL HEADZ
スカルヘッズ / サニーデイ
KICK ROCK MUSIC
6月15日発売
540円(incl.tax)
EKRM-1336

1.Sunny day
2.Push your back
3.Nobody knows

INTERVIEW

ニューシングルは3曲とも趣向の違う楽曲が収録されていますが、今作の見所を教えてください。


今作は正に3曲ともキャラクターの違う楽曲でのシングルになりました。
今までのSKALL HEADZよりも更に幅を広げてるので、こんなのもやるんだ!こんなSKALL HEADZもいいね!
と思ってもらえたら嬉しいです。

前作に引き続き、今作でも”Sunny day”で日本語詩に挑戦されていいますが、今後はこの形はSKALL HEADZのスタンダードとなりそうですか?


そうですね。日本語詩を始めたのは色んな意味で覚悟をした上での事なので、このスタイルもSKALL HEADZの一部として定着させていければと思ってます。

今年結成10周年を迎えますが、この10年を振り返っての感想をよろしくお願いします。


幾度となくメンバーチェンジや挫折も味わってきて、もう諦めようとか、辞めた方が楽なんじゃないかとか、正直最近も思ったことがあったぐらい数えられないくらいの山場を越えて来たので、もちろん良い思い出や経験も沢山ありますが、正直めちゃくちゃ良い10年だったとは言い切れません…(笑)でも確実に今のSKALL HEADZにとってなければならない時間でもあり、この10年があった上で更に1から出来ることがあると今だからこそ感じてます。今年は10周年という節目ではありますが、通過点でもあり、初心に戻れるポイントにもなってくれました。

10周年 A GO! GO!と題して3マンイベントを3ヶ月連続で行なっていますが、その1回目を終えての感想と、残りの2回がどのようなイベントになりそうか教えてください。


SKALL HEADZは2006年5/5に町田SDRというライブハウスで初ライブを行ったんです。この企画の初日は初ライブから10年後の2016年5/5に町田SDRで。同じ日、同じ場所でやったんですよ。楽屋の壁には【1st LIVE!】って遠慮がちに書かれたラクガキも見つけました(笑)なんとゆーか本当にタイムスリップしたかのような気持ちになれて、本当に初心に戻った感覚でいっぱいでした。もちろん10年前は0人のお客さんから始まったバンドですが、ステージには当時と同じメンバーがいて、その後メンバー脱退した僕らを救ってくれた今のメンバーもいて、目の前には沢山僕らのTシャツを着てくれてるお客さんもいて、仲間の対バンもいて、なによりもこの目の前のメンバーとお客さんを裏切れないなと再認識しました。めちゃくちゃ良い1日でしたよ。今回の企画はお客さんのリクエストも受け付けてセットリストを組んだりもしていて、いつもと違った特別な空間を創り出せたら。って思っています。6/6北浦和、7/7横浜も相当な気合いでいきますので皆さん是非遊びに来て下さい!!

最後に、10周年を迎える現在のバンドの目標を教えてください。


もっともっと色んな人に「ライブって楽しいんだ!」「バンドってカッコ良いんだ!」って思ってもらえるきっかけにもなる様なバンドになりたいんです。大前提としてやっぱりライブバンドでありたい。とにかく先も見つつ目の前のことをガムシャラにやっていきます。出演したいイベントの目標としてはやはり変わらずROCK IN JAPAN FESTIVALですね。必ず出ます。これからも応援よろしくお願いします!!

SKALL HEADZ / AYATOMO(Gt.&Vo.)
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP