PICK UP ARTIST
ピックアップアーティスト
Rancid

全世界待望のニューアルバム完成!

ストリートパンクのカリスマであるRancidが、通算9枚目のニューアルバムをリリース!前作より約3年のスパンでリリースされる今作には、Epitaphのオーナーでもあり、元BAD RELIGIONのBrett Gurewitzがプロデューサーとして参加。今作でも重厚でパワフルなサウンドが鳴らされ、フォーキーで絶妙なメロディーラインとそれらが絡み合う、疾走感に満ちたパンクロックを展開!ロックファンの期待を一切裏切らない傑作と言える。また、今作のリリースと同時に、1stアルバム『Rancid』から前作『...Honor Is All We Know』までのアルバムの国内盤が再発売される。こちらも併せてチェックして欲しい!

PROFILE

Tim Timebomb (Vo.&Gt.)、Matt Freeman(Ba.&Vo.) 、Lars Frederiksen (Vo.&Gt.)、Branden Steineckert(Dr.) で構成される4人組。1991年、カリフォルニア州バークレー(イースト・ベイ)にて結成。1993年にEpitaphより、1stアルバム『Rancid』をリリース。この作品のツアー後に、ラーズが正式加入。1994年、2ndアルバム『Let’s go』を発表し、ワールドツアーを決行。1995年には、3rdアルバム『…And Out Come The Wolves -』を発売。”Time Bomb”等の大ヒットもあり、商業的にも大成功を収めた。1998年、4thアルバム『Life Won't Wait』をリリース。2000年、セルフタイトルを冠した 5thアルバム『Rancid V(※原題は Rancid のみ)』を発表。2003年、6thアルバム『Indestructible』をリリース。2009年、7thアルバム『Let The Dominoes Fall』を発売。2014年8thアルバム『…Honor Is All We Know 』をリリース。2017年6月、通算9枚目のアルバム『Trouble Maker』を発売。
http://rancidrancid.com

RELEASE INFORMATION

Rancid

Trouble Maker

Rancid
ランシド / トラブルメーカー
WARNER MUSIC JAPAN
6月9日発売
2,653円(incl.tax)
WPCR-17728

1. Track Fast
2. Ghost Of A Chance
3. Telegraph Avenue
4. An Intimate Close Up Of A Street Punk Trouble MakerAn Intimate Close Up Of A Street Punk Trouble Maker
5. Where I'm Going
6. Buddy
7. Farewell Lola Blue
8. All American Neighborhood
9. Bovver Rock And Roll
10. Make It Out Alive
11. Molly Make Up Your Mind
12. I Got Them Blues Again
13. Beauty Of The Pool Hall
14. Say Goodbye To Our Heroes
15. I Kept A Promise
16. Cold Cold Blood
17. This Is Not The End
18. We Arrived Right On Time ※ボーナス・トラック
19. Go On Rise Up ※ボーナス・トラック
20. Never Forget Us ※日本盤エクスクルーシヴ・ボーナス・トラック
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP