PICK UP ARTIST
ピックアップアーティスト
QUICKDEAD

シーンの異端児早くも新作をドロップ!

独自のスタンスで活動を続け、日本のメロディックシーンの異端児として支持を集めるQUICKDEAD。彼らが前作『The Way To Fun House』より約半年の短いスパンでミニアルバムをリリースした。今作はこれまでの作風とは少し異なり、ツインボーカルの色が強まり、さらにミディアムナンバーが多く、肩の力が程よく抜けた、風通しの良い作品だ。レゲエやカントリーの要素を見事に自分たちのパンクロックへと昇華し、他にはない個性的な音楽性を獲得!しかし、西海岸パンクのテイストは決して損なわれず、これまでの彼ららしさも感じられ、誰もが納得できるアルバムだ。90'sメロディック好きは必聴!

PROFILE

2010年本格始動。Nori(Ba.&Vo.)、ATSU×KICK(Gt.&Vo.)、Shun(Gt.&Cho.)、KAZUMA(Dr.&Cho.)で構成される4人組。2013年、自主レーベルCall Me Papa Recordsを設立。同年1月、1stミニアルバム『The Dummy Dudes』をリリース。2014年2月、TOO CLOSE TO SEE (CATCH ALL RECORDS)とスプリットアルバムをリリース。2017年、1138への所属を発表。2018年3月、2ndミニアルバム『The Way To Fun House』をリリース。同年10月、3rdミニアルバム『WHATEVER HAPPENS!!』を発売。
http://quickdead.com

LIVE SCHEDULE

10.07 Sun 八戸FOR ME
10.08 Mon 横浜B.B STREET
10.12 Fri 大阪BRONZE
10.13 Sat 名古屋Zion
10.21 Sun 酒田MUSIC FACTORY
11.03 Sat 札幌KLUB COUNTER ACTION
11.04 Sun 苫小牧ELLCUBE
11.17 Sat 高松RIZIN'
11.18 Sun 広島CONQUEST
11.23 Fri 新宿ACB HALL
11.24 Sat 神戸Harbor Studio
11.26 Mon 名古屋Zion
12.05 Wed 大分SPOT
12.06 Thu 福岡 四次元
12.07 Fri 鹿児島 SR HALL
12.15 Sat 金沢VAN VAN V4
12.16 Sun 福井
12.22 Sat 新宿ACB HALL "TOUR FINAL"

RELEASE INFORMATION

QUICKDEAD

WHATEVER HAPPENS!!

QUICKDEAD
クイックデッド / ホワットエヴァー・ハップンズ
Eleven-Thirtyeight
発売中
1,680円(incl.tax)
1138-0042

1.Lost in society
2.Animal weifare(ELVN38 Ver.)
3.PM2.5
4.1138
5.Bong song
6.Never had so much fun

INTERVIEW

アルバムタイトル『WHATEVER HAPPENS!!』の由来を教えてください。


まず前回のタイトルの「The Way To Fun House」の意味が大事なんだよね。去年の9月に1138に所属して、初めて僕らには家族、家みたいな場所を見つけられた。ただ所属しただけで、まだみんなとツアーや楽しい事や切磋琢磨が出来ていないって思ってた。それで、そんな家族たちとの未来や自分たちの成長を求めてこのタイトルをつけたんだよね。そしてツアーを終え、では今回のアルバムのタイトルをどうするか?ってなった時にまだまだ道の途中だって思って。そんな簡単に家族の仲間入りできるわけないよねって。でもまだやるしかないし、まだまだ「この先何が起きるかわからない:WHATEVER HAPPENS」ねって話になってこのタイトルになりました。(アツキ)

前作から僅か半年でのリリースですが、短いスパンでアルバムをリリースしたのは何故ですか?


ただ単純に沢山曲のストックがあったという事。今(9月19日時点)もツアー始まる前だけど、次回の作品の曲のストックもあるし、ただ単純にもっと1138で作品を出したいし、他の4バンドのお兄いちゃんたちに負けたくないしって感じっすね。(アツキ)

最新作はツインボーカルの色が強まり、テンポを抑えた印象ですが、今作の製作の際に意識したことや聞き所を教えてください。


さっきも話したストックの中に今回入れた様な曲が沢山あった。しかも新しくドラムにKAZUMAが入った事で、演奏に幅ができた事がが大きな理由ですかね。そういう曲だとNoriが歌うより僕が歌った方がバリエーションとしても増えるし、単純に僕が曲を作ってるんで僕が歌った方が早いたってのもあっただけですよね。それにNoriくんにベースに集中してもらうってのもアリなんじゃないかな?って(笑)(アツキ)

レーベル名と同じタイトルの楽曲がありますが、この曲に込めた想いを教えてください。


この曲だけ今回の2作リリースの企画段階で未完成の曲で、やっぱりせっかく家族になるのだったら、これをテーマに作りたいって思って作りました。テーマ決まったら鬼のような早さで完成。一応作っている途中でPVの構想まで出来てるんだよね(笑)(アツキ)

最後に今後のバンドの展望を教えてください。


ツアーが終わったら、来年はより自分たちの立ち位置を明確して行きたいね。その為に今までと変わらずずっと全国を周りたい。ただ海外のツアーも視野に入れつつ、先を見越して行きたいね。あとはやはりホントのメロコアの普及活動ですね(笑)PUNKLOiDよろしくお願いします!ナタリーも店舗展開も了解しました!ありがとうございます!
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP