PICK UP ARTIST
ピックアップアーティスト
NOT SO HARD WORK

ポップパンクのビートとダンスホール & ルーツ・レゲエのリズムをミックス!!

類い稀なメロディセンスとUS 西海岸に影響を受けたサウンドは相も変わらず。前作よりもミクスチャー色が強くなった新作が届いた!!どこかカラッとした演奏と、艶のあるヴォーカル。11/7 にリリースした今作には、過剰なサウンド・ワークを排した生の彼らが存在する。NOT SO HARD WORK の新境地と云うところか?最初から最後まで耳を離せない作品だ!

PROFILE

https://notsohardwork.jimdo.com/

LIVE SCHEDULE

11/28 札幌BESSIE HALL
12/05 大分club SPOT
12/06 福岡 四次元
12/07 鹿児島SR HALL
12/15 金沢VAN VAN V4
12/16 福井VELVET
その他 2019 年3 月までツアー施行予定!!

RELEASE INFORMATION

NOT SO HARD WORK

HANG AROUND

NOT SO HARD WORK
1,600円(税抜)
1138-0043

1. Going Again
2. Fuck Off Cheap Friendship
3. So I Say
4. Look So
5. No One Is There 6. Chilling Out
7. Don’ t Worry Be Happy

INTERVIEW

少し早いですが、2018 年を振り返るといかがでしょうか?


メンバー全員マイペースなので、時の流れが早すぎて...1年があっという間でした。自分達が遅いっていう話なんですけどね。バンドのスケジュール管理のために、iPhone のスケジュール機能をすごく駆使出来る様になりましたね( 笑) 前作リリース後の活動が実りつつある、ドンドン大きくなってきているって実感できる1年でした。

新作タイトル『HANG AROUND』の由来を教えてください。


3 人で色々な案を出し合って、すごく悩みましたね。最終的に、散歩って意味の『HANG AROUND』にしたんですよ。普段、移動中とか寝る前とか色々な場面で音楽を聴くタイミングあると思うんです。音楽と自分の間に距離を作らないで、生活の一部になっる人が増えたら良いなと思って。散歩中でも聴いちゃうみたいな意味を込めて、このタイトルを選びました!

今作もルーツをしっかりと感じさせる作品ですが、アルバムのポイントや聞き所を教えてください。


先ず、3 曲目までの流れの素晴らしさ!そして、全曲を通じてジャンルを絞る事なく、飽きずにずっと聴く事の出来る作品になったと思っています!テルが唄う5 曲目とかもアクセントになってるんじゃないかな?そして、「もう1曲聴きたいな~」位で終わる曲数( 笑)

手応えはどうですか。


リリースのかなり前からライブでメインの曲になっている曲も有って、すでに手ごたえあり!って感じですね(笑)。持ち曲が増えたんで組み合わせに幅が出るんじゃないかと自分達が楽しみになってます。

制作の際の工夫や苦労があれば教えてください。


曲作りのときは丸一日3 人でスタジオ入って、あーでもないこーでもないと練って作りました。ただ、どのバンドもそうだと思うんですけど、やり過ぎると何が良いのか何が悪いのか判らなくなってしまうんですよね。そんな時は、気分転換に楽器を置いて3 人で寝っ転がって携帯をいじったり、雪玉投げて遊んだりしてました(笑)アルバムの製作は、前作の「Far East」での経験を活かすことができたと思っています。1週間という短い期日でしたが、日程に縛られることなく予定通りに終わらせることが出来ました。レコーディングスタジオのSOUND CREW は、宿泊施設も併設されているので作業が済んだ後も集中が途切れないので良い環境でしたね。

北海道という土地から全国へツアーへ回る心境を教えてください。


海を渡ってツアーへ出るので、内地( 北海道より下の地域) で活動しているバンドより移動費がかかるんですよ( 笑) 九州のバンドみたいに、橋を渡って行けるとチョットは楽なんですけど...。ただ、直属の先輩のFREEKICK があれだけの活動をしてるので文句を言えないんですよね(笑)遠いところから、費用もかかって行くので、その分意気込みとか気合いは自然と入る感じはありますね。お客さんには、純粋に自分たちの音楽を聴いて感じて!って思います演ってます。

普段、ライブで意識していることはありますか。


当たり前なんですけど、CD のクオリティは最低限。でも、それだけではCD を聴いてもらえれば良いってなるので、リアルな生の空気感をとにかく大事にしています。そのグルーヴに、来てくれたお客さんが共鳴してくれたらなって思っています!

最後に現在のバンドの目標を教えてください。


自分達の好きなサウンドを自分たちのやり方でミックスして、出来たものをお客さんに届けられたらなって思っています。でっ!気づいたらどハマってる、みたいな( 笑)NOT SO HARD WORK が好きな人はもっと好きになってもらえるように、知らなかった人に出会える機会になるように全国に出掛けてて行きたい!そんな気持ちでいっぱいです!
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP