PICK UP ARTIST
ピックアップアーティスト
kobore

表情豊かなキャリア史上初のフルアルバム!

2015年結成。東京・府中発ギターロックバンド、Koboreがキャリア史上初となるフルアルバムをリリース。青春期の若者らしい、生活に根ざした等身大の言葉と、多彩な音楽性を備えた、清清しくスケール感のあるギターロックを全編で感じられ、熱くて切ない彼らのらしさが十分に詰め込まれた傑作だ。彼らのこれからの活躍が非常に楽しみ。

PROFILE

2015年結成。佐藤赳(Gt.&Vo.)、安藤太一(Gt.&Cho.)、田中そら(Ba)、伊藤克起(Dr.)の四人組。東京都府中市を中心に活動。2017年にEggs主催オーディション〈ワン!チャン!!〉でグランプリを獲得し、会場限定盤『ヨルノカタスミ』が話題となる。同年9月、初の全国流通音源となる1stミニアルバム『アケユク ヨル ニ』を発表。2018年3月、1stシングル『アフレル』、同年5月に2ndミニ・アルバム『ヨル ヲ ムカエニ』をリリース。
http://kobore.jp

LIVE SCHEDULE

03.08 Fri 東京 府中Flight
03.09 Sat 神奈川 横浜F.A.D
03.20 Wed 石川 金沢vanvanV4
03.21 Thu 兵庫 神戸太陽と虎
03.26 Tue 岡山 岡山CRAZY MAMA 2nd Room
03.30 Sat茨城 水戸LIGHT HOUSE
03.31 Sun千葉 千葉LOOK
04.02 Tue 静岡 静岡UMBER
04.04 The 愛媛 松山Double-u studio
04.06 Sat 福岡 福岡Queblick
04.07 Sun 鹿児島 鹿児島SR HALL
04.09 Tue 香川 高松DIME
04.10 Wed 広島 広島CAVE-BE
0 4.13 Sat 長野 松本ALECX
04.14 Sun 福島 郡山#9
04.16 Tue 新潟 新潟CLUB RIVERST
05.03 Fri 北海道 札幌COLONY
05.05 Sun 青森 八戸FOR ME
05.06 Mon 宮城 仙台enn 2nd
0 5.08 Wed 愛知 名古屋APOLLO BASE
05.09 Thu 大阪 福島2nd Line
05.11 Sat 東京 渋谷CLUB QUATTRO

RELEASE INFORMATION

kobore

零になって

kobore
コボレ / シズクニナッテ
Paddy field
発売中
2,484円(incl.tax)
PADF-005

1. ティーンエイジグラフィティー
2. どうしようもないな
3. テレキャスター
4. ワンルームメモリー
5. ナイトワンダー
6. おやすみ
7. 夜を抜け出して
8. スーパーソニック
9. 東京タワー
10. さよならは言わずに

INTERVIEW

今回初のフルアルバムをリリースされますが、タイトル『零になって』の由来、今作に込めた想いを教えてください。


バンド史上初のフルアルバムだという事もあり、「また新しいスタートラインに立つ」という心機一転の意味を込めてこのタイトルを付けました。

作詞をVo.Gt佐藤さんがされています。今作には”ナイトワンダー”、”おやすみ”、”夜が来る”、”夜空”など、夜にまつわるワードが多く見られますが、作詞されるタイミングは夜されることが多いのでしょうか。


まさにおっしゃる通りです。(笑) 基本的に誰かといる時よりも一人になり、自分と向き合っている時に作詞に取り組む事が多いですね。
なので寝る前だったり、ライブの打ち上げで散々騒いだ夜の後、急に一人になったりした時に歌詞を書きますね。

ツアータイトルにもなっている”スーパーソニック”ですが、皆さんが「時間があっという間」と感じる瞬間はどんな時ですか?


好きな人といる時ですね。それは男女問わず。やっぱり話してるだけでも一緒にいるだけでも時間はすごく流れるのが速いような気がします。それが割とライブに直結していて、好きで見に来てくれる人と一緒にいる時間は楽しくて本当にあっという間に感じます。

新しいアーティスト写真が公開されましたが、普段からアー写のようにメンバー同士で一緒に時間を過ごす機会は多いですか?


月の半分はライブをしているので逆に一緒にいすぎて一人の時間が欲しいくらいですね(笑) その分喧嘩したりぶつかったりもしますけどメンバー同士一緒にいる時間は多いですね。

3月からツアーが始まりますが、ツアーへの意気込み、そして2019年の目標を教えてください。


安全運転、健康第一でいい歌うたえるように精一杯やっていきたいのでツアー各地で見に来てくださる方々はどうぞ宜しくお願いします。
2019年はPUNKLOIDさんが僕らを掲載してくれているみたいに、"ギターロック"とか"歌モノ"とかいったジャンルの壁をガンガンにぶち壊して、「あぁ、やっぱりkoboreっておもしれえな!」って言ってもらえるよう、幅広い活動をしていきたいですね。
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP