PICK UP ARTIST
ピックアップアーティスト
FEEBLE-GRIND

杜の都仙台から全国へ!FEEBLE-GRINDが放つ直球メロコアサウンド!

2005年結成来、仙台を中心に活動するFEEBLE-GRINDが結成10年の節目に1stフルアルバムをリリース!今作はこれまでにデモCDに収められていた楽曲が中心に収められ、1stアルバムにして、いわば彼らの10年を感じられるベスト盤的内容の作品!潔いストレートなメロコアサウンドが終始繰り広げられ、キッズ垂涎の傑作に違いない!仙台のシーンを背負って立つ彼らがいよいよ日本全国へその名を響き渡らせる時が来た!

PROFILE

2005年結成。幾たびのメンバーチェンジを経て、現在はヒロト(Ba.&Vo.)、ヒカル(Gt.&Cho.)、KO-MAY16(Dr.&Cho.)で構成される3人組。仙台を中心に全国に活動の幅を広げ、6枚のデモCDをリリース後、2014年には初の正式流通音源『My Intonation』を1000枚限定でリリース。2015年9月、1stフルアルバム『The Answer』を発売。


http://feeblegrind.web.fc2.com

LIVE SCHEDULE

09.12 Sat 仙台RIPPLE
09.19 Sat 郡山PEAK ACTION
09.26 Sat 山梨BODEGA EAST
10.03 Sat 弘前MAGNET
10.04 Sun 酒田HOPE
10.10 Sat 北浦和KYARA
10.11 Sun 立川BABEL
10.17 Sat 仙台BIRDLAND
10.24 Sat 酒田MUSICFACTORY
10.25 Sun 古河SPIDER
10.31 Sat CLUB SONIC MITO
11.01 Sun 米沢ARB
11.14 Sat 大阪新神楽
11.15 Sun 名古屋ZION
11.21 Sat 新宿ACB

RELEASE INFORMATION

FEEBLE-GRIND

The Answer

FEEBLE-GRIND
Bells On Records
9月9日発売
1,728円(incl.tax)
BOR615-2




1. Summer Rust
2. Just Don’t Stop
3. We Can Go Back to the Place of Memories

INTERVIEW

・PUNKLOID初登場ということで、バンドの軽い自己紹介をお願いします。


仙台を中心に活動しているFEEBLE-GRINDです。2005年結成で今年でちょうど10年目になります。メンバーチェンジを経て、現在はBa/Vo ヒロト、Gu/cho ヒカル、Dr/cho KO-MAY16。90'S US MELODIC PUNKバンドに影響を受け現在に至ります。


・バンド名の由来を教えてください。


僕(ヒロト)の幼馴染みが元々BMXが好きで、FEEBLE-GRINDという技の名前のコピーバンドを組んでいたのですが、解散したのでその名前をそのまま使わせてもらいFEEBLE-GRINDにしました。ちなみにメンバーは誰もSK8やBMXは出来ないです(笑)。

・アルバムタイトル『The Answer』に込められた想いを教えてください。


元々2nd DEMOのタイトルがThe Answerで、最初のアルバムを発売する時は絶対にこれにしようと前から決めていました。自分らの自主企画のタイトルもThe Answerですし。想いとしましては、答えは簡単に見つかるものではなく、すぐ見つかる人もいれば、ずっと見つけれない人もいます。まだ見ぬ答えを探し続けるという意味を込めています。バンドしての答えをこれからも探していこうと思います。


・記念すべき1stアルバムですが、アルバムを完成させての現在の心境をお聞かせください。


去年初めて全国流通でCDを出す事ができ、良い流れでフルアルバムをリリースする事が出来ました。やっと皆さんに聴かせる事が出来るのが嬉しいです。

・潔いメロコアサウンドが詰まった作品ですが、今作の聞き所を教えてください。


聞き所としましては、今回のアルバムは言わばベスト盤です。過去のDEMO音源の曲がほとんどを占めています。どれも「絶対にアルバムに収録して聴かせてやりたい!」と、昔から練っていた曲達ですね。あと僕らはよくライブで短い曲(20秒〜1分など)もやります。それもあっという間に聴けます(笑)。どの曲もライブではよくプレイしている曲なので聴きやすいと思います。

・アルバム発売後のレコ発ツアーはどのようなツアーにしたいですか?


一応15ヶ所ほどツアーでまわります。初日は9/12に仙台RIPPLEで行います。この日は東京のCATCHALL RECORDSと共同でやります。 CATCHALL RECORDS vs 東北バンドというガチンコ形式でやりますのでかなり楽しいと思います。力を貸してくれたCATCHALL RECORDS、東北のFREE CROSS、6thMAN、DOLIPULE、には感謝しかないです。ありがとうございます!


・バンドの目標を教えてください。


これからもペースを変えず活動をして行く事ですね。まだ夢の1/3も達成出来てないので。あと、地元の音楽シーンを何とかして盛り上げていきたいです。これもやはり活動していてこそですが。最終目標はMxPxとの対バンですね!MIKEと同じステージに立ってchick magnetを弾くのが憧れです(笑)。
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP