PICK UP ARTIST
ピックアップアーティスト
Crispy Camera Club

京都発ガールズポップバンド登場!

京都を拠点に活動。関西のインディーシーンを中心に話題を呼ぶCrispy Camera Clubが遂にデビュー!優しい歌声と、爽やかでポップなメロディーがバンドの最大の魅力!それとは真逆の、エッジの効いたギターやバンドサウンドもバンドの武器で、それらを見事にデビュー作では表現!洋邦問わず様々な音楽を聴いて育った、彼女達ならではの多様な音楽性は、センスを感じさせ、これからが非常に楽しみになる作品だ。

PROFILE

2016年京都にて結成。ミサト(Gt.&Vo.)、中根トモヒロ(Ba.)、りんすけ(Dr.&Cho.)で構成される3人組。自主制作音源『MIRA』を発売し、これまでにサーキットフェス「見放題」等の有名イベントへの出演を多数果たす。2018年10月、初の全国流通音源『SWAG』をKOGA RECORDSからリリース。
crispycameraclub.com

LIVE SCHEDULE

10.07 Sun MINAMI WHEEL 2018
10.23 Tue 渋谷O-Crest
10.26 Fri 京都KBSホール

RELEASE INFORMATION

Crispy Camera Club

SWAG

Crispy Camera Club
クリスピー・カメラ・クラブ / スワッグ
KOGA RECORDS
10月10日発売
1,620円(incl.tax)
KOGA-212

1. favorite train
2. 雨があがったら
3. good morning sunshine
4. She’s so cute
5. タンザナイト
6. アナザーデイ

INTERVIEW

PUNKLOID初登場ということで、まずは自己紹介をよろしくお願いします。


ミサト:ギターボーカルのミサトです。
りんすけ:ドラムのりんすけです。
中根:ベースの中根トモヒロです。

バンド名の由来は何ですか?


ミサト:ローマ字3文字で略せるようにしたくて最初はCCCからつくりました。そこから響きが良い感じの単語を集めてCrispy Camera Clubになりました。クリスピーは、スピッツのアルバムから来てます!

影響を受けた音楽やバンドを教えてください。


ミサト:母親の影響で生まれた時からずっとスピッツを聞いていて、高校生位の時に洋楽も聴くようになりました。最初はArctic Monkeysとかのガレージリバイバルにハマって、そこからラーズとかストーン・ローゼズなど80〜90年代のUKがめちゃくちゃ好きになりました。
中根:高校生の時に毛皮のマリーズとOKAMOTO'Sと黒猫チェルシーを聴いてロックンロールにはまりました。そこら辺のバンドのルーツになっている50年代から70年代のロックンロール、ロカビリー、サイケ、ガレージあたりを聴いてます。あとファンクも好きです。
りんすけ:私は兄の影響でゴイステやパンクを聴き始めました。ニルバーナのコピーバンドをしてたのでグランジも好きです。
後は90年代カーディガンズやサンデーズも好きです!

デビューを控えた現在の気持ちを教えてください。


ミサト:初めての全国流通なので楽しみな気持ちが大きいです!
中根:世界一有名なベーシストになりたいです。
りんすけ:たくさんの人に聞いてもらいたいです。

デビュー作にも関わらず、様々な音楽性が垣間見れる作品ですが、制作の際に心がけたことや、作品の聞きどころを教えてください。


ミサト:メンバーみんな好きな音楽がバラバラなのですが、それぞれのやりたいことがギュッと詰まったアルバムにできたと思います。
いままでライブでやってきた曲がたくさん入ってるのですが、男女ツインボーカルのようなコーラスのアレンジにしてみたり、幅が広がったと思います。聞く人それぞれの風景が思い浮かぶような歌詞にも注目してほしいです。

最後に現在のバンドの目標や今後の展望を教えてください。


ミサト:いろんな世代にいつまでも聴かれるようなバンドになりたいです。
りんすけ:海外でライブしたりフェスに出たりしたいです!
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP