PICK UP ARTIST
ピックアップアーティスト
COUNTLOST

結成10周年を迎えるCOUNTLOSTが快心のミニアルバムを完成!

ジャンルレスなサウンドを鳴らし、その非凡な音楽性で近年支持を拡大しているCOUNTLOST。彼らは今年結成10周年を迎え、そのアニバーサリーにリリースされる今作でも、スクリーモ、パンク、エモを彼ら独自の解釈で昇華した、唯一無二のラウドなサウンドが確かに存在!そして、キャッチーなメロディーが際立つものから、切なく哀愁のある楽曲、さらにはヘヴィーな楽曲も織り交ぜられ、表情豊かでバラエティーに富んだ作品となっている。そして当作は2014年、連続リリースの第一弾となっており、次作への期待も高まる。

PROFILE

takuto maeda(Vo.)、kazuya fukuda(Gt.)、yusuke kai(Ba.)、masaru sasaki(Dr.)で構成される4人組。2007年には音源リリース前にも関わらず、サマーソニック’07に出演。2010年、自主レーベル”MEBIUS RECORDS”を立ち上げ、同年2月にはBUGER KING JAPANのサポートを受け、Liquid Funkとともに渋谷asiaにて”BUGGER”を主催。ゲストにFACTを迎え、500人を動員する。同年11月メロディックパンク界の重鎮NO USE FOR A NAMEのツアーサポートも果たす。これまでに2枚のミニアルバム、1枚のEPをリリース。2013年9月、1stフルアルバム『HUMANGEAR』を発売。2014年7月ミニアルバム『1981』をリリース。

LIVE SCHEDULE

07.27 Sun @渋谷THE GAME 
08.08 Fri @心斎橋VARON
08.11 Mon @天神GRAF 
08.12 Tue @広島CAVE-BE
08.15 Fri @仙台MACANA 
08.17 Sun @新潟CLUB RIVERST
08.24 Sun @栄RAD 
08.30 Sat @佐渡Ray's Studio
08.31 Sun @伊那GRAM HOUSE 
09.09 Tue @下北沢SHELTER(ツアーファイナル)

RELEASE INFORMATION

COUNTLOST

1981

COUNTLOST
MEBIUS RECORDS
7月2日発売
1,890円(incl.tax)
MBUS-10004

1.AWAKE ALIVE  
2.BIRTH CRY
3.IN THIS CITY 
4.WHITE EYES
5.DIVINE ANIMAL 
6.BEYOND THE HORIZON
7.THE DAY MUST BE TODAY

INTERVIEW

■今作のタイトル『1981』の由来は何ですか?


メンバー四人とも同い年で、これまで10年間メンバーチェンジもなくやってこれたことへの感謝の気持ちであったり、そもそもバンドメンバーが全員同い年って珍し + 力強いサウンドに仕上がってると思います。

■制作の際に特にこだわった部分があれば教えて下さい。


去年リリースしたのはフルアルバムだったこともあって、レンジの広いバラエティ豊かな作品っていうのを念頭に置いて制作したんですけど、今回はバラエティ豊かでありつつも、もっとエッジの効いた"ロックアルバム"っていうのを意識しました。原点回帰的なヘヴィな曲も今回は入っているので、前作のポップな部分が目減りして、より力強いサウンドに仕上がってると思います。

■制作の際に特にこだわった部分があれば教えて下さい


ずっと一貫して拘っているのは"誰もが歌いたくなる素晴らしいメロディ"ですね。メロディの良さを最大限に引き出せるアレンジを常に考えています。あと今回はリズムパターンも普通の8ビートではないこれまでにないビートを積極的に取り入れたり、歌詞の部分でも日本語と英語のミックスのアプローチも今までと違っていて、その辺りはバンドとして成長したところも見せられたんじゃないかなと思います。

■今作はバンドにとってどのような作品ですか?


2ndミニアルバム"CIRCLES"を出した時"国や言語を越える隔てのない音楽輪"っていう意味合いを込めてタイトルをつけたんですけど、改めて今回はその部分を強く出したかった。なので気持ちとしてはCIRCLESの更に延長線にある作品という位置づけです。今回メンバーみんなで話し合って生まれた"MUSIC is ONEness"っていう言葉があって、音楽で国や人種や言語を超えてひとつになれる、そんな音楽の力を信じているっていう、その気持ちを今回1981のジャケットにも込めています。実は"1981"と"CIRCLES"のジャケットって連動してるんで、その辺も見て楽しんでもらえたらと思います。

■今年で結成10周年を迎えますが、バンド活動をする中で最も印象に残った出来事は何ですが?


これまで10年を振り返るなんて機会がなかったので"これだ!"って出来事がなかなか思いつかないんですけど(笑)ただ、この10年の間に様々なものが変わったなとひしひしと感じています。音楽シーンであったり、仲間の顔ぶれ、健康状態。ってのはさておき、昔はネットで音楽なんてありえなかったし、YouTubeなんじゃそりゃ?でしたからね。でもCOUNTLOSTは変わってないんですよ。成長してる部分はもちろんあるんですけど、根本の部分は流行とかに左右されなかった。ずっと自分たちの純粋に好きな音を出してきて、こうして今なお自分たちの音を聞いてもらえる環境があるというのは幸せなことだと改めて感じています。

■今後の目標を教えて下さい。


まさにオンリーワンなバンドになっていきたいと思っています。たとえば日本語詞なんかもそうですけど、日本人にしか打ち出せないオリジナリティって絶対にあると思うんですよね。そこに海外の音に影響を受けて育ってきた部分がミックスされてCOUNTLOSTの音が作られてきたと思うんですけど、さらにもっとそこを突き詰めていきたいと思っています。より多くの人たちと自分たちの音を共有したい。海外のオーディエンスが日本語で大合唱してくれる光景とか見てみたいじゃないですか。そのためにも更に良い曲良い音を届けることを一番に考えて活動していきたいです。7月27日からリリースツアーも控えているのでまずはツアー成功させられるよう頑張ります。是非みなさん遊びに来てください!
BACK TO LIST
FAT
FAT
PAGE TOP